アフィリエイト成功の近道!
 SEO対応WEBテンプレート集 アフィプレート
 TOP画面SEOテンプレートマニュアル>テンプレート使用前の準備 お問い合せ利用規約
ご利用ガイド
ご利用マニュアル
SEOマニュアル

SEOテンプレート
SEOテンプレート(1)
SEOテンプレート(2)


SEOテンプレート使用前の準備
■スポンサードリンク  

SEOテンプレートを使用する前に、サイトテーマとキーワードを設定しましょう。

■サイトテーマを確認しましょう  
SEOチューニングを行う前に、まずは、サイトのテーマを確認しましょう。SEOとは、ある特定のキーワードに絞ってサイトを最適化しますから、サイトのテーマがぼやけているとなかなか効果を発揮しません。サイトテーマが決まらない方は、サイトで伝えたい事、サイトの目的をもう一度検討してみましょう。サイトで何をしたいのか、訪問者に一番見てもらいたいページはどこか、大切な事ですので、じっくり考えて下さい。サイトに内容がなければ、いくらSEO対策を施しても、なかなか上手くいかないものです。


■効果的なキーワードの選び方  
サイトテーマが決まったら、具体的にキーワードを設定しましょう。キーワードは、あまり多くてもいけません。メインとなるキーワードを1つと、サブキーワードを1〜5個程度で十分です。キーワードには、そのページで扱うジャンルや売りたい商品名などを優先順位を決めて盛り込みます。

「メインキーワード」+「サブキーワード」+「サブキーワード」…

例)
「ダイエット」+「サプリ」+「体験談」

1ページにいくつものキーワードを詰め込むのも逆効果です。1ページに1つキーワードを設定した場合、そのキーワードの重要度が10とすると、1ページにキーワードを5つ設定した場合、それぞれのキーワードの重要度は、当然5分の1に落ちます。欲張らずに的を絞ったキーワード設定をしましょう。

検索キーワードは2つを組み合わせることが多い
調査によれば、検索は2語のキーワードで行われることが一番多いという結果が出ています。例えば、「ヌーブラ 販売」などのように、2つのキーワードを組み合わせて検索する人がもっとも多いということです。検索する立場になって考えてみると、意外なキーワードが発見できるかもしれません。

キーワードで迷った場合にはまずは以下のツールでキーワードの候補を調べてみましょう。いずれも無料です。

オーバチュア キーワードアドバイスツール
キーワードを設定する際に威力を発揮するのがこのキーワードアドバイスツールです。オーバーチュア広告から無料提供されているツールで、検索エンジンで実際に検索されたキーワードの回数を調べることができます。

もちろん、検索回数が多いキーワードほど、SEO的に有効なキーワードと言えますが、その分競合サイトも多くなってしまいます。 狙い目は、検索回数が多いのに、ヒットするWebページが少ないキーワードです。以下の例を見て下さい。

例)
英会話教室 Googleでのヒット件数:196000ページ
  キーワードアドバイスツールでの検索回数:16613回
英会話スクール Googleでのヒット件数:61200ページ
  キーワードアドバイスツールでの検索回数:14778回

上の例だと、「英会話教室」でヒットするページは、「英会話スクール」でヒットするページの3倍以上もあります。ところが、両方の検索回数をキーワードアドバイスツールで調べてみると、それほどの差がありません。この場合、「英会話教室」より「英会話スクール」をキーワードに設定する方が、上位表示できる可能性は高くなります。

Google AdWords キーワードアドバイス
Googleが提供しているキーワードアドバイスツールで、類似キーワードを表示してくれます。

シソーラス(類語)検索
類語検索サイト。サイトキーワードの候補を探すのに使えます。


  次のページ

■スポンサードリンク  



ページTOPへ
Copyright© affiplate. All rights reserved.