アレンジネット|経営革新等認定支援機関の中小企業診断士|東京

アレンジネット|経営革新等認定支援機関の中小企業診断士|東京
小規模補助金の公募が始まりました。:新規事業に対して200万円(補助率2/3)の補助がもらえる「小規模補助金(小規模事業者活性化補助金)」とは?

TOP サービス一覧 ニュース コンサルレポート パートナー募集 アレンジネット概要 お問い合わせ
TOP > アドバイスレポート > 小規模補助金の公募が始まりました。

小規模補助金の公募が始まりました。

新規事業に対して200万円(補助率2/3)の補助がもらえる
「小規模補助金(小規模事業者活性化補助金)」の公募が始まりました。

「小規模補助金」の詳しい内容はこちらをご覧ください。


公募期間は平成25年6月28日から8月16日までとなっています。
わりと長めの公募期間で、助かりましたね。。。

経費を補助金として申請できる「補助事業期間」は、
交付決定日から平成26年2月3日(月)までとなります。

採択結果が出るのが9月以降ということですから、
およそ半年間程度の補助期間ということですね。

応募要項をざっと見た限りでは、

経費の制約や新規性の要件など、
「創業補助金」よりも

ハードルが高めに設定されているようです。

また、

・すでに設立されている法人が対象になる点
・全体の予算枠が30億円しかない点
 (創業補助金は200億円)


ということを考慮しても、
採択率はかなり低くなるのではないかと思います。


ここ数か月、当事務所のウェブサイトでも、
「小規模補助金」のページへのアクセスが

ダントツの一番人気を誇っており、
この補助金に注目している方が多いと思われます。


ビジネスモデルの新規性や
経費の妥当性について、

よほどしっかり練り込まないと
採択は難しいのではないでしょうか?

作成した申請書に自信がない方は、
専門家にチェックしてもらいましょう。


「小規模補助金」の詳しい内容はこちらをご覧ください。



自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

スポンサードリンク

無料メールマガジンのご案内

公的支援策活用メールマガジン
補助金や融資などの公的支援策を有効活用してビジネスを優位に進めたい中小企業のためのメールマガジンに今すぐ無料でご登録ください。

当事務所は、本ウェブサイトの作成にあたり、職業専門家として相応の注意を払い、作業を行っておりますが、事業経営にはリスクが付き物です。自己責任のもとで情報確認を行ってください。
無料メールマガジン
公的支援策活用メールマガジン
補助金や融資などの公的支援策を有効活用してビジネスを優位に進めたい中小企業のためのメールマガジンに今すぐ無料でご登録ください。

公的制度活用コンサルティング
スポンサードリンク
アレンジネットについて
アレンジネットでは、個人事業主及び中小・ベンチャー企業を対象に、公的スキーム活用コンサルティング・サービスを提供しています。

経営革新申請支援センター