アレンジネット|経営革新等認定支援機関の中小企業診断士|東京

アレンジネット|経営革新等認定支援機関の中小企業診断士|東京
売上10億円未満の中小・ベンチャー企業の資金繰り戦略とは?:売上10億円未満の中小・ベンチャー企業の資金繰り戦略とは?

TOP サービス一覧 ニュース コンサルレポート パートナー募集 アレンジネット概要 お問い合わせ
TOP > アドバイスレポート > 売上10億円未満の中小・ベンチャー企業の資金繰り戦略とは?

売上10億円未満の中小・ベンチャー企業の資金繰り戦略とは?

新年明けましておめでとうございます。

本年も皆様にとってより有益な情報を
配信していきたいと思いますので、
何卒宜しくお願いいたします。

さて、去年から申し上げていることですが、
売上規模10億円未満の中小・ベンチャー企業にとって、
銀行のプロパー融資に期待するような
資金繰り戦略は、もはや極めて危険です。

現在世界を覆い尽くしている
100年に一度の金融恐慌が起こるなど、
一体誰が予測できたでしょうか。

一寸先は闇の経営環境の中で、
いつ何が起こっても不思議ではありません。

今後、中小企業の資金繰りの命運を分けるのは
「信用保証協会」の保証枠をいかに
確保できるかにかかってきます。

狙うは信用保証協会の保証枠拡大のみ。

保証枠拡大の施策をいかに多く打ち、
より多くの協会保証枠を確保できるかが、
今後の中小企業の資金繰り戦略の肝となります。

当事務所では、このような方針に基づき、
売上規模10億円未満の中小・ベンチャー企業様の
ご支援を行っていく所存です。


また、今後の成長戦略においては、
いかに10億円超の売上規模を作り上げるかが重要になります。

そのためには有望な企業や事業を
買収していくことも積極的に検討すべきです。

M&Aというと大企業の専売特許のイメージがありますが、
もはや中小企業にとっても珍しいものではありません。

むしろ、中小企業こそ成長戦略として
M&Aを積極的に活用すべきなのです。

特に、現在の市況では、比較的割安で
優良な企業を買収できるチャンスに恵まれています。

もちろんM&Aには様々なハードルや落とし穴がありますので、
思いつきで実行するわけには行きません。

しかし、今の事業で売上の上積みが難しいのであれば、
相乗効果が見込める新たな事業を買収して
事業分野を拡大していくことで売上アップを目指してください。

当事務所では中小企業のM&A支援にも力を入れていきますので、
企業や事業の買収にご関心がある方は、
ぜひご相談いただけますと幸いです。



自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

スポンサードリンク

無料メールマガジンのご案内

公的支援策活用メールマガジン
補助金や融資などの公的支援策を有効活用してビジネスを優位に進めたい中小企業のためのメールマガジンに今すぐ無料でご登録ください。

当事務所は、本ウェブサイトの作成にあたり、職業専門家として相応の注意を払い、作業を行っておりますが、事業経営にはリスクが付き物です。自己責任のもとで情報確認を行ってください。
無料メールマガジン
公的支援策活用メールマガジン
補助金や融資などの公的支援策を有効活用してビジネスを優位に進めたい中小企業のためのメールマガジンに今すぐ無料でご登録ください。

公的制度活用コンサルティング
スポンサードリンク
アレンジネットについて
アレンジネットでは、個人事業主及び中小・ベンチャー企業を対象に、公的スキーム活用コンサルティング・サービスを提供しています。

経営革新申請支援センター