アレンジネット|経営革新等認定支援機関の中小企業診断士|東京

アレンジネット|経営革新等認定支援機関の中小企業診断士|東京
「誰も教えてくれない公的資金調達マニュアル」:知っているだけで8千万円の差が開く!経営革新の承認を得て信用保証の別枠を確保しよう!

TOP サービス一覧 ニュース コンサルレポート パートナー募集 アレンジネット概要 お問い合わせ
TOP > アドバイスレポート > 「誰も教えてくれない公的資金調達マニュアル」

「誰も教えてくれない公的資金調達マニュアル」

誰も教えてくれない究極の資金調達マニュアル

その場しのぎのセーフティネットに安易に頼っていませんか?
経営革新計画との併用で、将来展望をしっかり描きましょう。

売上規模10億円未満の中小・ベンチャー企業にとって、もはや銀行のプロパー融資は期待できません。今後、中小企業の資金繰りの命運を分けるのは「信用保証協会」の保証枠をいかに拡大できるかにかかってきます。経営革新計画の承認は、信用保証枠の拡大や銀行の格付けアップを狙う企業様にとっては是非クリアしておくべき試金石です。

ダウンロードはこちらから:

経営革新計画の申請で初心者が犯しやすいミスとは・・・?

経営革新が承認されたのに融資の審査が通らない!そんなことにならないために、ご訪問いただいた方へ特別に無料レポートを差し上げます。

このレポートは、中小企業の中長期的な資金繰り戦略に不可欠となる「新事業活動促進法に基づく経営革新計画」の承認方法について解説した極めて実践的で実務的な内容になっています。

このレポートは、もしかすると今すぐには必要ないかもしれません。しかし、新規事業に挑戦したいのに必要な経営資源が不足しているとき、経営状況が苦しくなったとき、必ず役に立つ時がやってきます。

現在世界を覆いつくしている100年に一度の金融恐慌が起こるなど、一体誰が予測できたでしょうか。1000年に一度といわれる東北大震災が起こるなど、誰が予想できたでしょうか? 一寸先は闇の経営環境の中で、いつ何が起こっても不思議ではありません。

もし突然貴社の経営が悪化したら・・・?
資金繰りが厳しくなったら・・・?

そうなったときにあわてて情報収集しても遅いのです。

いつかその日のために、今すぐご登録してください。

このアドバイスレポートのメリット

  • 支援策の活用を見据えた経営革新計画の効果的な書き方が分かります。
  • 経営革新計画の支援策を活用して希望通りの融資額を調達する方法が分かります。
  • 経営革新計画申請において、初心者が犯しやすい致命的ミスを防げます。

ダウンロードはこちらから:

皆様は、中小企業新事業活動促進法にもとづく経営革新制度をご存知でしょうか?中には、初めて耳にされる方も多いのではないでしょうか?

実際のところ、この経営革新制度を活用している中小企業は、全体の0.5%、ほんの一握りに過ぎません。99.5%もの中小・ベンチャー企業が、この経営革新の制度を知らないか、知っていてもまったく活用していないのです。それだけ世間に知られていないこともあって、経営革新に関する実務的な内容はベールに包まれています。

経営革新制度を活用すれば、融資を断られていた企業でも必要な資金調達ができてしまう・・・。
経営革新計画の承認を得れば、銀行の格付けがアップする・・・。

そんな話がまことしやかにささやかれています。本当でしょうか?

このレポートでは、経営革新の支援策の一つである信用保証の特例を活用した資金調達方法についてご説明しています。

このレポートでご説明する内容はすべて基本的なことばかりです。しかし、私のこれまでの経験では、経営革新制度の概要を知っていても、具体的な実務や活用方法については勘違いしている方が非常に多いというのが実感です。

経営革新承認制度は、国によって考え抜かれたすばらしく魅力的な制度です。この経営革新制度を有効活用することで、多くの中小企業が頭を悩ませる資金調達の足がかりを作ることができるのです。

新規事業を検討している中小・ベンチャー企業の方には、ぜひこの制度をよく知り、活用していただきたいと考えています。

最後にもう一度繰り返します。

売上規模が10億円未満の中小・ベンチャー企業にとって、銀行からのプロパー融資を得るのは極めて困難です。狙うは信用保証協会の保証枠拡大のみ!保証枠拡大の施策をいかに多く打ち、より多くの協会保証枠を確保できるかが、今後の中小企業の資金繰り戦略の肝なのです。

この出会いが、少しでも御社経営の向上に役立つことができれば幸いです。

ダウンロードはこちらから:

アドバイスレポートの目次


知っているだけで8千万円の差が開く!
「誰も教えてくれない究極の資金調達マニュアル」

経営革新の承認を得て信用保証の別枠を確保しよう!

1 中小企業の新規事業をサポートする経営革新計画とは?
1-1 中小企業支援策の決定版「中小企業新事業活動促進法」とは?
1-2 メリット満載の公的支援策の活用率が、1%にも満たないという事実
1-3 中小企業支援は「選択と集中」の時代へ

2 信用保証の特例を活用すれば債務保証の枠を倍に拡大できる!
2-1 倍率ドン!さらに倍!!普通保証等の別枠規定
2-2 普通保証等の別枠規定のケーススタディ
2-3 経営革新の承認を得るといくら借りられるのか?
2-4 担保免除の特例を活用してさらに融資を引き出す裏技

3 信用保証の特例を活用する際の注意点
3-1 承認さえ得てしまえばこっちのもの!の大間違い
3-2 経営革新の資金使途は限られている
3-3 資金調達計画を厳密に決めておく必要がある
3-4 責任共有制度の導入について
4 まとめ

ダウンロードはこちらから:


  • ご登録いただいたメールアドレスに、当事務所からの情報提供をさせていただくこともございます。
  • 本ページではSSL(信頼性が高いセキュリティ手法)を採用しています。送信される情報は全て暗号化されます。
  • お寄せいただいたお客様の個人情報は、個人情報保護法に基づき大切にお守りしております。当事務所のプライバシーポリシーをご確認のうえ、安心して当メールフォームをご利用ください。


自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

スポンサードリンク

無料メールマガジンのご案内

公的支援策活用メールマガジン
補助金や融資などの公的支援策を有効活用してビジネスを優位に進めたい中小企業のためのメールマガジンに今すぐ無料でご登録ください。

当事務所は、本ウェブサイトの作成にあたり、職業専門家として相応の注意を払い、作業を行っておりますが、事業経営にはリスクが付き物です。自己責任のもとで情報確認を行ってください。
無料メールマガジン
公的支援策活用メールマガジン
補助金や融資などの公的支援策を有効活用してビジネスを優位に進めたい中小企業のためのメールマガジンに今すぐ無料でご登録ください。

公的制度活用コンサルティング
スポンサードリンク
アレンジネットについて
アレンジネットでは、個人事業主及び中小・ベンチャー企業を対象に、公的スキーム活用コンサルティング・サービスを提供しています。

経営革新申請支援センター