アレンジネット|経営革新等認定支援機関の中小企業診断士|東京

アレンジネット|経営革新等認定支援機関の中小企業診断士|東京
新連携に関する補助金の公募が開始:平成21年度の新連携に関する補助金の公募が始まりました。

TOP サービス一覧 ニュース コンサルレポート パートナー募集 アレンジネット概要 お問い合わせ
TOP > ニュース > 新連携に関する補助金の公募が開始

新連携に関する補助金の公募が開始

平成21年度の新連携に関する補助金の公募が始まりましたのでお知らせいたします。

新連携の補助金は大きく2通りありまして、うち、「連携体構築支援事業」は、 新連携の認定を受けていなくても応募できるものです。

500万円までの補助金が出ますので、新連携の取り組みを真剣にご検討されている企業様は、ぜひ応募してみてください。

公募の概要は以下のとおりです。

平成21年度新事業活動促進支援補助金

●公募期間:平成21年6月15日(月)〜平成21年7月17日(金)
※公募期間は経済産業局ごとに異なります。

●補助率:補助対象経費の2/3以内

(1)事業化・市場化支援事業

新連携の認定を受けた企業が応募できる補助金です。

連携体が行う新商品開発(製品・サービス)に係る試作、実験、研究会、マーケティング、市場調査等にかかる経費を補助します。

●補助金額
→事業化・市場化:2,500万円以内
→技術開発を伴う事業化・市場化:3,000万円以内

(2)連携体構築支援事業

これは、新連携を構築するための補助金ですので、新連携の認定を受けていなくても申請できます。

連携体構築のための規約の作成、コンサルタント等にかかる経費を補助します。

●補助金額:500万円以内

新連携とは?

新連携とは、異業種間の業務提携・アライアンスを支援する公的スキームで、認定を受けると、信用保証協会の8,000万円の無担保枠や3,000万円の補助金など、強力な公的支援の活用が可能になります。

新連携の詳しい内容はこちらをご覧ください。

情報元

中小企業庁:平成21年度新事業活動促進支援補助金(新連携支援事業(事業化・市場化支援事業、連携体構築支援事業))の公募について



自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

スポンサードリンク

無料メールマガジンのご案内

公的支援策活用メールマガジン
補助金や融資などの公的支援策を有効活用してビジネスを優位に進めたい中小企業のためのメールマガジンに今すぐ無料でご登録ください。

当事務所は、本ウェブサイトの作成にあたり、職業専門家として相応の注意を払い、作業を行っておりますが、事業経営にはリスクが付き物です。自己責任のもとで情報確認を行ってください。
無料メールマガジン
公的支援策活用メールマガジン
補助金や融資などの公的支援策を有効活用してビジネスを優位に進めたい中小企業のためのメールマガジンに今すぐ無料でご登録ください。

公的制度活用コンサルティング
スポンサードリンク
アレンジネットについて
アレンジネットでは、個人事業主及び中小・ベンチャー企業を対象に、公的スキーム活用コンサルティング・サービスを提供しています。

経営革新申請支援センター