アレンジネット|経営革新等認定支援機関の中小企業診断士|東京

アレンジネット|経営革新等認定支援機関の中小企業診断士|東京
リスケ・事業再生のための「経営改善計画書」作成術:銀行とのリスケジュール交渉や事業再生に必要な経営改善計画書の作成を中小企業診断士がお手伝いします。

TOP サービス一覧 ニュース コンサルレポート パートナー募集 アレンジネット概要 お問い合わせ
TOP > サービス一覧 > リスケ・事業再生のための「経営改善計画書」作成術

リスケ・事業再生のための「経営改善計画書」作成術

「経営改善計画書」作成サービス

銀行の担当者に経営改善計画書を出してほしいと言われたら・・・?
銀行との融資交渉・リスケジュール交渉や事業再生に必要な「実現可能性の高い抜本的な経営改善計画書」の作成を中小企業診断士がお手伝いします。

もし「事業計画書を自分で作りたい」という方は、こちらの事業計画書テンプレートを試してみてはいかがでしょうか?

こんな時に経営改善計画書作成サービスをご活用ください。

経営改善計画書作成サービスは、銀行等の金融機関から経営改善計画書の提出を求められた際にご活用いただくと効果的です。主に、売上規模10億円未満の中小・ベンチャー企業様を対象としています。

  • 「経営改善計画書」を作成したいが忙しくて作れない。作り方がわからない。
  • 銀行等の金融機関と新規融資の交渉を検討している。
  • 金融機関からの借入の返済条件変更(リスケジュール)交渉を検討している。
  • 金融機関や投資家から「経営改善計画書」の提出を求められている。
  • 金融機関や投資家から経営改善計画の進捗状況の報告を求められている。
  • 資金繰りが苦しく、新たな資金調達を検討している。
  • 抜本的な経営改善によって経営不振から脱却する必要がある。

もし「事業計画書を自分で作りたい」という方は、こちらの事業計画書テンプレートを試してみてはいかがでしょうか?

経営改善計画書サービスが求められる理由

「今後の業績見通しや返済計画が分かる経営改善計画書を作って、
○日までに提出してください。
今後の対応については、経営改善計画書を見た上で判断させていただきます。」

このように、銀行から「経営改善計画書」の提出を求められたことはありませんか?

経営改善計画書とは、企業が経営を抜本的に立て直し再生を図るために、今後の改革方針や目標達成までの道筋を示した事業計画書のことです。

100年に一度と言われる世界同時恐慌が実経済まで悪影響を及ぼし、一寸先は闇という極めて不透明な状況の中で、中小企業の資金繰り環境も悪化の一途を辿っています。

10億円未満の売上の企業では、もはや銀行からプロパー融資を受けることが難しい状況です。数年前のビジネスローン全盛の時代には考えられない事態です。

当時の積極経営と目下の経営環境激変のあおりを受けた企業の多くが、現在、売上減少と過大債務の返済によって資金繰りに苦しんでいます。

それに伴い金融庁も、中小企業の資金繰り支援のため、急きょ「金融検査マニュアル」を改訂しました。

具体的には、中小企業向け融資の貸出条件緩和が円滑に行われるための措置として、融資条件の緩和を行っても、実現可能性の高い抜本的な経営再建計画があれば、不良債権としての扱いにはしなくても良いということにしたのです。

これによって、中小企業がリスケジュールをしやすい環境が整備されました。リスケジュールによって借入返済額が一時的に減額されますから、中小企業の資金繰りは楽になります。

そもそも、新規融資によって資金を調達して銀行への返済に回している方が多いことと思います。そのような場合には、資金繰りに窮していても、銀行への借入返済を減額すればキャッシュフローがプラスに転じるケースが多いのも事実です。

例えば、毎月300万円の元金を100万円に減額することができれば、月額200万円、年間2,400万円のキャッシュを運転資金に回せます。要するに、リスケジュールには、新規融資による資金調達と同じ効果があるのです。

<参考>リスケジュールについて書かれた書籍

これまで銀行への返済を最優先し、資金繰り対策として新規の資金調達ばかりを考えていた方も、リスケジュールを選択肢の一つとして検討してみる頃合になったといえます。

返済のために新たな資金を調達し続け、借入が増えて最終的に返済が滞り、関係者に大変な迷惑をかけてしまうことを考えれば、場合によってはリスケの方が経済合理性の高い資金繰り方法であると考えられます。

ただし、リスケジュールをしてしまえば、もちろんその後の新規融資は期待できません。リスケジュールにはデメリットもありますので、銀行交渉に不慣れな方は、専門家のアドバイスを得た上で慎重に行動してください。

もちろん借りた金は返すのが大前提です。リスケジュールは事業継続のため、返済条件を緩和してもらう前向きな交渉であって、決して借金を踏み倒すことではありません。そこだけは履き違えないようご注意ください。

さて、銀行へのリスケ依頼は口頭だけではなく、書面で行う必要があります。

リスケ交渉を進めていく中で、銀行からは期日を指定して「経営改善計画書」等の資料の提出を要求されます。

しかし、日々の資金繰りで忙しい社長には、手間をかけて資料を作っている余裕がありません。そもそも「経営改善計画書」の作り方さえわからない、という方も多いと思います。

資料がなくても、誠意と情熱があれば銀行もリスケに応じてくれる場合もあるかもしれませんが、余程の信頼関係がない限り難しいでしょう。

銀行担当者としては、いくら協力したいと思っても、書類不備で本部に稟議を上げることもできないのでは、どうすることもできないのです。

今後の見通しや返済計画をいくら口頭で説明しても、いくら誠意と情熱を持って交渉しても、それを根拠付ける説得力のある資料がなければ、交渉を前に進めることはできません。

このような状況でお困りの場合に、「経営改善計画書」作成サービスをご利用いただきたいのです。

経営改善計画書作成サービスをご利用いただきたいケース

経営改善計画書作成サービスは、金融機関や投資家から経営改善計画書を求められた際にご活用いただくと効果的です。主に、売上規模10億円未満の中小・ベンチャー企業様を対象としています。

  • 「経営改善計画書」を作成したいが忙しくて作れない。作り方がわからない。
  • 銀行等の金融機関と新規融資の交渉を検討している。
  • 金融機関からの借入の返済条件変更(リスケジュール)交渉を検討している。
  • 金融機関や投資家から「経営改善計画書」の提出を求められている。
  • 金融機関や投資家から経営改善計画の進捗状況の報告を求められている。
  • 資金繰りが苦しく、新たな資金調達を検討している。
  • 抜本的な経営改善によって経営不振から脱却する必要がある。

「経営改善計画書」作成が必要な方は、今すぐお問い合わせください。

経営改善計画書作成サービス活用のメリット

当サービスをご利用いただくことで、以下のようなメリットを得ることができます。

「実現可能性の高い抜本的な経営改善計画書」が作成可能です。

御社の債務が銀行の不良債権にならないためには、「実現可能性の高い抜本的な経営再建計画」を提示することが効果的です。

「実現可能性の高い」「抜本的な」とはどんな意味?ここでは詳しく述べませんが、これらの言葉を充分理解した上で「経営改善計画書」を作成することが重要です。

当事務所では、経営コンサルタントとして唯一の国家資格である中小企業診断士が計画書を作成します。

社長ご自身が作るよりも客観的で公平な視点を持てるため、定量面でも定性面でも明確な根拠に基づいた納得性の高い資料作りが可能です。これによって円滑なリスケ交渉が可能になります。

効率的でスピーディな計画書の作成が可能です。

社長が一人で試行錯誤しながら作成するよりも、専門家にお任せいただいた方が、効率的に計画書を作成することが可能な場合が多いです。

当事務所では、専門家による経営戦略策定ノウハウと、過去に作成した事業計画書の雛形を活用し、極めて効率的に「経営改善計画書」を作成することが可能です。

余計な回り道をして時間を浪費するよりも、安上がりで効率的です。

経営改善計画書のサンプル

当事務所が作成する経営改善計画書のサンプルです。実際にはページ数や内容はケースバイケースとなりますが、イメージとしてご参考いただければ幸いです。

「経営改善計画書」イメージ

サービスお申し込みのステップ

経営改善計画書作成サービスのお申し込みからサービスご提供までのステップは、以下のような流れとなっております。

  1. お問い合わせ

    経営改善計画書作成サービスへのお問い合わせ、お申し込みはこちらのフォームからお願いします。お申し込み後、メールやお電話で、御社の状況をお伺いさせていただきます。

  2. 初回ヒアリング

    担当のコンサルタントが御社にお伺いし、御社の現状や新規事業に関するヒアリングを行います。全国どちらでも対応可能ですが、移動距離に片道1時間以上かかる場合は、別途交通費をご請求させていただきます。宿泊が必要な場合は、別途宿泊費等実費をご請求させていただきます。

  3. ご契約

    当事務所のサービス内容に納得いただいた上、秘密保持やサービス内容に関わる契約書を交わさせていただきます。その際、会社案内や決算書等の必要な資料をお預かりいたします。

  4. 料金お支払い

    料金は前払いとさせていただいております。ご契約後、料金を指定の口座にお振込みいただきます。

  5. 経営改善計画書作成

    ヒアリングの内容をもとに、当事務所にて経営改善計画書作成を作成いたします。もちろん、計画書作成以外のご支援も必要に応じてご提供いたします。

「経営改善計画書」作成が必要な方は、今すぐお問い合わせください。

サービスメニューと料金体系

以下は、参考例です。御社の状況をお伺いした上で料金をお見積りをいたします。また、交通費・宿泊費等の実費が必要になった場合、別途ご負担をお願いいたします。

経営改善計画書作成サービス

料金:15万円(税別)〜
内容:銀行とのリスケジュール交渉や事業再生に必要な「実現可能性の高い抜本的な経営改善計画書」を作成いたします。

経営改善コンサルティング顧問契約

料金:月額5万円(税別)〜
内容:計画書作成以外に以下のご支援も必要に応じてご提供いたします。

・資金繰り表等その他必要資料の作成支援
・株式譲渡、事業譲渡、会社分割等のM&A仲介

※顧問契約料およびコンサル報酬は、全額経費扱いとなります。

「経営改善計画書」作成が必要な方は、今すぐお問い合わせください。

もし「事業計画書を自分で作りたい」という方は、こちらの事業計画書テンプレートを試してみてはいかがでしょうか?



自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

スポンサードリンク

無料メールマガジンのご案内

公的支援策活用メールマガジン
補助金や融資などの公的支援策を有効活用してビジネスを優位に進めたい中小企業のためのメールマガジンに今すぐ無料でご登録ください。

当事務所は、本ウェブサイトの作成にあたり、職業専門家として相応の注意を払い、作業を行っておりますが、事業経営にはリスクが付き物です。自己責任のもとで情報確認を行ってください。
無料メールマガジン
公的支援策活用メールマガジン
補助金や融資などの公的支援策を有効活用してビジネスを優位に進めたい中小企業のためのメールマガジンに今すぐ無料でご登録ください。

公的制度活用コンサルティング
スポンサードリンク
アレンジネットについて
アレンジネットでは、個人事業主及び中小・ベンチャー企業を対象に、公的スキーム活用コンサルティング・サービスを提供しています。

経営革新申請支援センター